FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
バーチャル山行き
数年に一度、買ってしまう『山渓』
直接的ではないのだけれど、趣味の渓流釣行で訪れる先については
ずいぶん共通項があるので、無関心でいる訳ではない。

yamakei1.jpg

今回惹かれたのは、大見出しの単独云々ではなくて、

yamakei2.jpg

こちらの観天望気。つまり天気予報についての記事に興味を惹かれたからだ。

最初にも書いた通り、行く先が渓流、しかも源流となれば尾根筋谷筋の違いはあれ、山の天気の影響は
等しく受けることになる。水の流入を考えれば谷筋が行く先の自分等は、真剣に取り組んでも取り組み
過ぎることはない、でしょう?

内容として、既に実践していることもありましたが、基本のキなどを確認しながら
面白く読みました。
かわったもので、

http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html

このサイトの天気図は今までに見たことがなかったもので、とても面白い。
天候の変化を大きな流れとして地球規模から予測できるところが興味深いのです。

科学的に裏付けされた、最新情報の天気予報の活用ももちろん、観天望気、つまり自然現象や
生物の行動の様子などから天気の変化を予測できることにも詳しくなりたいと
願っているのですが。

おまけに、

yamakei3.jpg

この装備の記事もとても参考になりました。
山岳渓流源流域では、まったく同感の事どもが書かれていました。


      <了>
スポンサーサイト

本読み | 2015/10/18(日) 13:45 | Trackback:(0) | Comments:(2)

おはようございます。
観天望気、僕もぜひ身につけたいですね!
いざという時に、あらかじめ感じることができれば大きなアドバンテージになると思います。

装備面では、仲間のflyaokiさんが9リットルのトレランザックのみで足りているのに感銘を受けました。
この1年くらいでかなりコンパクト&軽量化できましたが、軽いと疲れないのでいろいろなメリットがあると感じるこの頃です。
2015/10/19 月 07:51:51 | URL | しげ #e6ZOnptg編集

しげさん、こんばんは。

PCやスマホで雨雲の動きや降雨量の予想が容易にできるように
なりましたが、問題なのは山の天気の変わりやすさ、急変などの時に
慌てたくない事なんです。

経験値がモノをいうのでしょうが、予備知識として
取り入れられるものがあれば貪欲に持っておきたいと思っています。

装備はまだまだです。
可能な限り軽くしたいと考えてはいますが。
2015/10/19 月 19:43:49 | URL | oldflyman1001 #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する