FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
滝の上症候群
渇水覚悟、安近短(安全、近距離、短釣時間)の最近ホームリバーに出かけてきました。
クラさんといっしょに、シーズンインから気に掛けていた滝の上源頭詰めを果たしに向かいました。
現着は日曜日午前4時半、空模様は途中怪しかったのですがここでは朝霧が立ち込め、いずれ晴れてくる兆しがうかがえます。
車止めには一番乗り、なのでゆっくり朝食を摂り、ゆっくりと釣り支度を整えます。
それなのに、脳の老化はどうにもならず、前回はクラさんがGPSを車の屋根に置き忘れて取りに戻り、今回は自分が時計を忘れて取りに戻りました。まだ、気が付くだけ救いですけど。

27-8-9b.jpg

杜の精とでもーーーー。
予想覚悟はしていましたが、ここはホントに渇水真っ只中。
流れに青葉が多く散っている状況から、突風や一時の豪雨も予想できましたが、いかんせん流れ全体を潤すまでには至らなかったようです。当然、岩魚は警戒及び体力温存モードで、流れには出ていません。普通なら走られるポイントでも魚影ナシです。

27-8-9kura1.jpg

27-8-9mi1.jpg

話が前後するが、『滝の上探索』はほとんど病気のようなもので、もうずいぶんと患っている気がします。
もしかしてーーーーー、の淡い期待と、純粋にどうなっているのか知りたい、という気持ちが動機になっている。
普通に考えればそこは魚止めの地形になっていることがほとんどで、滝の上にパラダイスが広がることなどほとんどないのだが、どうしても行きたくなるのだ。
源頭近くなると、大方の渓は傾斜が緩くなって頭上が開ける。あれほど覆い被さっていた木々の枝も両側に退いて、明るい空が覗く。その風景を確認することが楽しい。
息を切らし、足を引きずるようにしてたどり着くだけの価値を、この病を患う者には共感できるのだ。また、最上流部に着くと、特に今回のような里山源流のそこには、いにしえ人の営みの痕跡が残っていて、例えば、けもの道→杣道→帰りの別ルートの発見とか、新たな体験ができたりして、何かしらの達成感をもたらしてくれたりもする。
そんなことで、また次の滝に巡り合えば上に行きたい願望が湧いてくることになる。
もちろん、まったく歯が立たない滝もある。そう言う所は潔く断念する。スカパラダイスがほとんどだが、過去に数回、良い目に会っている。どれもいにしえ人のお蔭に違いないと感じている。

27-8-9kura2.jpg

27-8-9mi2.jpg

まったくの人跡未踏の源流部など関東近郊の里山源流では望むべくもないのだし、逆に人跡を訪ねるのが面白いのかも知れない。

27-8-9iwa1.jpg

27-8-9iwa2.jpg

釣りをしながらだからこそ辿りつける源頭の景色、まだまだ未知のそれに出会いたいと願うのです。

27-8-9a.jpg

岩魚が居ればそれこそパラダイスですが、居なくてもーーーーーーー。

27-8-9c.jpg

クラさんとまた一つ源頭詰めを果たすことができました。



          <了>
スポンサーサイト
釣行など | 2015/08/11(火) 23:05 | Trackback:(0) | Comments:(2)

おはようございます。
滝の上、見えないからもあるのでしょう、その上にはパラダイスがあるような気がしてしまいます(^_^;)
ガラッと景色や渓相が変わっていて、これまでとは違う渓に入ってしまったような錯覚を起こしたこともありました。
でも、見ないと気がすみません。

今回の渓も、最源流まで見ることができて、まさにミッション・コンプリートとなったのでしょうね!
ここ数日、朝夕はなんとなく秋の気配を感じ始めています。
季節の進行は、はやいものですね。
2015/08/13 木 06:55:06 | URL | しげ #e6ZOnptg編集

こんにちは。
今、墓参りから戻りました。お盆は釣行ナシです。

まぁ、ほとんど病気ですね。滝がなくても沢を詰めたい気持ちがついて回ります。
でも、釣りをしながらだからこそ行けるので、単に源頭詰めだけではとても気持ちが続きませんね。
昔、榛名湖でボート番のバイトをしていた頃、お盆を過ぎると湖面を吹き渡る風が急に秋っぽくなったことを思い出します。
多感な青春期であったことを差し引いても、確かに季節の移り際を感じた、と思っています。

もうわずかで、禁漁です。今年もお隣の県で最終釣行を迎えようと考えています。
2015/08/13 木 12:19:05 | URL | oldflyman1001 #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する