FC2ブログ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
雪代最中の渓
今日は、またMKさんとの釣行でした。厚い雲に覆われてのはずが、ピーカンの晴れ空のもと、汗ばむ陽気の釣行になりました。先週までの渇水地獄とは無縁の雪代真っ最中の流れでした。
この渓もまた新規の渓で、過去一度も足を踏み入れたことのない流れです。本流に流れ込むところでは流れがとてもしょぼいので見逃してしまいそうなくらいです。ところが杣道を20分ほど登って渓に降りると、なんとまあ堂々とした岩魚好みの流れが出現します。

良い流れ!

白泡だらけの雪代流れですが、ドライを浮かしておけるポイントはありそうです。





MKさんは準備良く、餌と餌釣りの用意も持ってきていたので、流れと水温の状況から迷わず5.3mのカーボン小継竿をリュックに括り付けました。

MKさん

自分は流れから虫がハッチしてくるのを待つつもりでMKさんの後をついていきます。
6時釣行開始。垂涎もののポイントが続きますが、30分ほどは音沙汰なし。
ヤバイ!居る気配むんむんのポイント、流れが続くのにおかしい?
餌でこれだと毛鉤はもっと厳しいか、と思い始めた頃、見事八寸ほどの良型をMKさんがゲットしました。

やれ良かった!居ることがわかりました。7時ちょっと前、自分も竿を継いでリールをセット。
虫も飛び始めました。早朝はユスリカくらいしか確認できませんでしたが、今はコカゲロウっぽいのや小型のカディスのような虫が目に見えてきました。

27-5-24iwa1.jpg

結構玄人受けするポイントから二度食いをしてきた活きの良い若岩魚。大きさはさほどではなかったが、これで後が続かない可能性もあり、写真に収めました。

MKさんも程なく二尾目をゲット。でもポイントの豪勢な割に魚影はいまいちの感じ。季節の移り際のせいも考慮して本来ならもう少し数も型もアップする余地はあるのかも知れない。

ニリンソウ

今日はしっかり花を広げたニリンソウを撮りました。この渓は里山源流に比べてやはり季節が遅れています。

27-5-24iwa2.jpg

少しサイズアップ。
上流に行くほどサイズが良くなるのは岩魚の渓として、ちゃんとしていることの証なんですね。

27-5-24iwa3.jpg

退渓直前にアタックしてきた本一の良型。光線の加減で薄らいでしまいましたが、朱点の色はもっとずーっと濃かったです。


ミヤマイラクサ

退渓点の溪畔にたくさん生えていたミヤマイラクサ、秋田方面ではアイコと呼ばれて山菜の王様と称されているらしい。
採取はしなかったが、天ぷらお浸しが大変美味しいのだとか。

27-5-24b.jpg

帰途下流に向けて、ーーーーーーーー実際にはかなりの斜度のある渓です。
意外に溪畔が歩き易く、渓通しで戻らなくて済みました。流れの中の石は滑って怖かったです。

適水況のときに再訪して、本来の岩魚の動きを探ってみたい渓でした。


         <了>
スポンサーサイト
釣行など | 2015/05/24(日) 22:04 | Trackback:(0) | Comments:(2)


お疲れさまです~

ドライの釣り 楽しそうですね~

自分も管理釣り場などでフライはやるのですが渓流では未経験です

やはりドライを使う釣りが好きで 出た時の ピシャ!!という音が何とも言えません

まして渓流でドライで釣れたら最高だと思います

あと岩魚を写真で納めると 実際の色と写真で違う時があります

うまく綺麗な色を表現したいのですが なかなかうまくいかないですね~

今レンズキットの標準ズームしか持っていないので単焦点レンズを購入予定です

レンズも種類が沢山あり迷います

山の緑も濃くなってきて 釣りをしていて気持ちい季節になってきました 

魚も草花も沢山 写真におさめたいと思います!!
2015/05/25 月 16:32:44 | URL | MKⅡ #bi94IFRw編集
MKⅡさん、今晩は。

フライフィッシングを始めたきっかけはドライに反応するトラウトを見たことです。
餌釣りからルアーフィッシングに移り、野反湖に遠征した時当時まだ極々少数派だったフライマンが湖でキャスティングしていました。あんな長いライン邪魔くさくて何なんだろうと見ていたのです。
ヘッド&テイルで見事な虹が毛鉤に出たんです。ヒット!そのフライマンは手元に寄せた時に自動リリースになってしまいましたが、あの虹の反応はすごい印象になって残りました。

ウエットもニンフも毛鉤として持ってはいますが、やはりドライに反応する渓魚の姿を見るのがこの釣りの醍醐味だと思っています。とくにこれからの時期はなおさらですね。

今回は天気予報が曇りでひょっとして雨も、と考え防水オートデジカメTX-5を持っていきました。
絞り優先やシャッター優先機能は使えません。ので、露出補正やらホワイトバランス機能やらいじれるところをいじって撮ってます。

これから盛期に向かう渓流、楽しさが増していきますね。
2015/05/25 月 21:00:41 | URL | oldflyman1001 #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する