FC2ブログ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
八間山
6月2日(土曜日)晴れ。

日曜日の釣りが私用で行けないため、前日の休みを利用して行きたかった野反湖畔の
八間山に登って来た。

朝6時に富士見峠駐車場に到着。すでに1台停まっていて、もう出かけてしまった模様だ。
すぐに後続の車2台、こちらはいつものことで朝食中。
1台はすぐ脇に駐車し、ご夫婦が降りてきて挨拶をかわす。
すでに朝食はお済みのようで、そそくさと登山靴など履き準備万端、すぐに発っていかれた。
自分の向かう八間山は通過点で、奥の白砂山まで行かれるとのこと、こちらから登られる
と言うことは、それなりに健脚にご自信ありか。

30-6-330-6-2ahachiken.jpg

食後にサーモのお湯でインスタントカフェラテを溶かし、
それでは支度しょうっと。






峠の駐車場わきからすぐに登山道がはじまる。
看板があり、白根葵植栽地の方向へそれる。
地元の中学生達が、毎年世話をしてくれているようだ。

30-6-330-6-2saoi2hachiken.jpg

30-6-330-6-2saoi1hachiken.jpg

白樺の多く立つ結構な傾斜地に見事な群生を見せていました。
人の手によるとはいえ、素晴らしい景観です。

戻って再び登山道を登り始める。
目につくのは、ほとんど途切れ目無く、小さくまとまって咲いている紅い花群。

30-6-330-6-2iwakagamihachiken.jpg

イワカガミです。
何枚も撮りましたが、たまたまアブとのツーショットが撮れたので。

頂上まで2キロちょっと、高を括っていたら、どうしてどうして。
尾根から稜線歩きで景色は良いのですが、アップダウンと遮る木々が少ないので
暑さが直に効く。

30-6-330-6-2dhachiken.jpg

30-6-330-6-2ghachiken.jpg

30-6-330-6-2fhachiken.jpg

でも、高度を上げるごとに展望が開け、湖も木の間からしばらく見え隠れする。
景色には飽くところなく、シャッターポイントを探りながらで脚は遅くなるばかり。

話がそれます。

この日は、望遠レンズをザックに忍ばせていたけれど、使ったのはパナ/マイクロフォーザース
単焦点30ミリ/f2.8マクロレンズ。
自分の好みの画角がどうも70ミリ前後のようなので、じゃあ今日はこれ一本で済ませてみようかな
マクロもあるし、絞って遠景がどれほどのものか試してしまおうと。
結果、どアマチュアの身としては十分なんじゃない、と思いました。

戻ります。

30-6-330-6-2ihachiken.jpg

頂上、一応2000メートル近いのだけれど、野反湖自体標高があるのでね。
先行組は当然影も形もなく、とっくに白砂に向かったのでしょう。
30分ほどまったりしたのですが、バーナーケトルを持ちながら、水筒900mlの
水を忘れたためコーヒーを飲めませんでした(´;ω;`)

静かに一礼後、反対側の道を湖に向かって下山開始。
こちらは後から造った道らしいのですが、とても荒れていて、おまけに滑る粘土が
多く露出していて、降るには怖い怖い。

30-6-330-6-2mitubaouren1hachiken.jpg

でも、こんな花の群生や栂の林のなかに素晴らしい苔の群生などがあり、
こちらは遠景が利かない代わりに、植物や野鳥の囀りなどを楽しめました。


さて、やっとのこと登山口に到着。
すぐに周遊道路を横切って湖畔周回路へ。
こちらも近年整備されたんでしょうね、昔釣りで良く訪れていた頃にはこんな良い道は
なかった気がします。今日も遠目に岸のあちらこちらに釣り人の姿が確認できます。

30-6-330-6-2ohachiken.jpg

木屑が敷かれてふかふかの道を出発地点の富士見峠まで2キロ。

30-6-330-6-2phachiken.jpg

30-6-330-6-2zumi1hachiken.jpg

湖畔は湖畔で花が繚乱、これからの季節はニッコウキスゲですか。

地図上三角形のルートを好天に恵まれて、とても気持ちよく堪能できました。

帰りの道路脇にも

30-6-330-6-2shachiken.jpg

いや~、最初から最後まで素敵な一日でした。

     <了>
スポンサーサイト
アウトドア | 2018/06/04(月) 17:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。