カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
西上州、稲含山
3月20日(日曜日)晴れ、

そろそろ、渓へ気持ちが動いているのですが、今年は山へも
行きたいと、とりあえず足慣らしに、近場のお山へ出かけて参りました。

甘楽町の奥に小幡という城下町があり、更に奥に秋畑という山深い集落
があり、そこから九十九折りの細道を登りつめた、茂垣峠から登ります。

ina2.jpg

雪がなければ一時間足らずで山頂に立てるようですが。




簡易アイゼンを持って来るのだったと、後悔しました。
歩き出しはたいしたことなかったのですが、山頂近く、北面を
回り込むようになる登山道に雪がバッチリ。
おまけにツルツル状態のところが数十メートル続き、
金網フェンスが設置してあるとは言え、その先は断崖でスッパリ
切れ落ちているので、怖い怖い。

ina3.jpg

一の鳥居から、赤の鳥居方面より山頂を目指しました。

途中の展望ポイントから、

ina1.jpg

天気は悪くないのですが、花曇りというのか霞なのか、遠望が利きません。

ina4.jpg

山頂はまだ先です。

ina5.jpg

山頂直下に鎮座する、稲含神社。
(たぶん、これは旧社で、もっと下の方に新社が建立されていた。)
山門のようになっているが、前に回ると神楽の舞台になっていて、結構
歴史を感じる風情です。

ina6.jpg

ina7.jpg

で、1370mの山頂からは、この景色。
ほとんど、何も見えません。
前回登った、西御荷鉾山、近くの赤久縄山位しか確認できなかった。
でも、360度遮るもののない山頂はとても気持ちよかったです。
コーヒーを淹れ、大福もちをひとつ食べて、40分ほどまったりしました。
自分以外だぁれも居ません。

下りは、上りのほぼ半分の時間で降りました。


ina8.jpg

帰り道、九十九折の細道、車のフロントガラス越しに、
耕して、天に至る、山奥ならではの風景です。

(この景色だけ撮って見たいな、と思いました。
もっと険しいところに建っている家々もありましたね。)

ina9.jpg

同じく、車中から今登ってきたお山を。
右手前の花は、ミツマタ。
コウゾと共に、昔は紙の原料に使われました。
良い、香りが車窓から流れ込んで、
深い山村にも、春の訪れを感じました。



     <了>
スポンサーサイト
アウトドア | 2017/03/19(日) 20:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する