FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
昔に帰って
6月26日(日曜)曇りのち晴れ。

4~5年前、崖崩れからの修復が終わり、車の走行が始まったというので、
場が荒れるのも時間の問題と遠ざかった渓がある。
どちらかと言えば、毛鉤向きのポイントが多く、遡行も比較的楽な渓だ。

一月ほど前に入渓した友人から「いいですよ!」
と情報を得ていたので、確かめたくなり、クラさんに相談しました。

そして、先日の休みに入って見ようと言うことに。

28-6-26omote.jpg

地図とカシミールで、入渓点まで4キロ半と予想を立て、川歩きも含め13~14キロ位と
見積もったのですが、総距離15キロ弱の行程になりました。

先週の谿に比べれば、のんびり楽勝釣行です。
勝手知ったる渓でもあり、ゆっくり、しっかり歩き巡ってきました。






さて、入渓口にはフライにちょうど良い、落ち込みからの小プールが広がって
います。その日一日を占うのに持って来いの好場所です。
プールの流れだしの方から順に鉤を落として行きますが、反応がありません。

ラインを伸ばして、両巻き返しの反転流に乗せますが、沈黙。

おかしいな~、とふと足元を見ると、白い塊が流れの底に、いくつも沈んでいます。
はらわたでした。
「とっ、抜かれた後か?」5~6匹分の、多分良型の腸が散らばっていました。

28-6-26kura1.jpg

「これだと、今日は駄目かもね。」とクラさんに話しかけると、
「しかたないよね。行けるところまで行ってみよ。まぁ、にはならないでしょ。」とのこと。
何とかなるのでしょうか。

28-6-26kura3.jpg

28-6-26mi3.jpg

ある場所を過ぎると、状況は好転。
そこからは、またしても好釣がつづきました。

28-6-26mi1.jpg

28-6-26mi2.jpg
サイドキャストから、左奥大石の右わきでヒット。よい引きで元気よく走り回ってくれました。

28-6-26kura2.jpg
小滝泡下から、うまく誘い出した、良型。

28-6-26iwa1.jpg
写真では、スレンダーに見えますが、実はとてもメタボボディ。大きな尾びれが元気の印。

渓の住人達が、昔以上に復活しているのを見届けて、退渓しました。

28-6-26kotaki.jpg
退渓目印の湧水の小滝。

冷たくて、ほのかに甘みを感じる自然水。気持ちいい~っ、ですネ。

林道を下って、車止めを目指します。

28-6-26mizu.jpg

『ミズ』(ウワバミ草)の群落。

28-6-26hana.jpg

小ぶりな白い花(名前が分かりません)など撮りながら、

28-6-26owari.jpg

恒例のカーブミラー自撮りなども織り交ぜて、気持ちよく林道歩きを終え、
無事に車止めに到着しました。



クラさん、今回の勝手知ったる渓、復活確認釣行、とても楽しかったです。
また、次回もよろしくです。


     <了>
スポンサーサイト
釣行など | 2016/06/28(火) 20:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する