FC2ブログ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
因縁の渓
今回は、クラさん、宮ちゃんと三人で、
昨シーズン、沢屋さんに先を譲った、因縁の小溪に出掛けてきました。

28-5-29a.jpg


沢屋さんのハイシーズンはもう少し先。
で、鬼の居ぬ間の洗濯です。

執こい様ですが-------、
川は皆のモノと言われれば、その通り。
錦の御旗を掲げられれば否応なく、先行を阻止することはできません。
でも、そこで先行を譲れば、その日、釣り人にとっての川はお終い。
不公平この上なく、決して皆のものなんかじゃありません。

そこんとこ、わかってんだろうなぁ。
分かってると思うよ、でも要は自分達が先に行けさえすれば、後はどうでも
いいんだよね、沢屋さん。
(今度、そんなことがあったら、後ろで印を結ぶことにします。)


さて、グチは此の位にして、
釣行の様子をを記しましょう。

クラさんはチョウチン、ブドウ虫の鉄板装備。宮ちゃんはテンカラ、自分はフライと
三人三様。
お互いに適したポイントを譲り合いながら、小渓流をテンポよく釣上がります。

宮ちゃんのテンカラは初めて観ました。
なんか、ちょっと見ない間に腕を上げたようです。
自分なりのコツを掴み、これからどんどん上手くなっていく、その第一関門をくぐった
ところにいるなぁ、とちょっと生意気そうに感想を述べて見ました。
(釣っていて面白ろくてたまらない、その盛りに差し掛かってるんだろうなぁ。)






クラさんと自分は人生下り坂、だいぶ前に折り返しを済ませた釣り爺です。
(気持ちは折り返してないつもりですが。)
坂をゆっくり下るのなら楽勝ですが、変に急ごうものなら蹴つまずき、前のめりに転がって、
踏ん張れずにの痛い思いを避けられず、さりとて及び腰になれば、ずるりと滑って尻餅つき。
尾骶を痛打して、これまたうぐっ、と息を詰まらせる羽目になります。
どだいジジイなのです。
すべてに渡り、無理は禁物ですな。

28-5-29my1.jpg

28-5-29my2.jpg

テンカラ師独特の雰囲気も出てきた宮ちゃん。
これからが、一番の伸びしろを自分でも感じられるはず。

28-5-29kura1.jpg

28-5-29mi2.jpg

引き換え、もはや縮んでいくだけのマンネリ爺、二態(笑

28-5-29huta1.jpg

28-5-29mi1.jpg

ボサがキツイ小溪ですが、魚影は結構あります。
上流にいくほど、テンカラ有利の渓相になります。あえて、餌有利と言わないのはそれなりの理由が。

28-5-29iwa.jpg



若い力に引っ張られて、老体二人もなんとか上流の詰めまで
這い上がることができました。
(とは言うものの、帰路の渓通しが難関で、気持ちを張り続けて
転倒や滑落の恐怖と闘いながら降りていくので、退渓できて杣道
に抜けた時には疲労困憊。
毎度、体力気力の低下を嘆き合う体たらくですが、まだまだこの
楽しみを手放す訳にはまいりません。)


28-5-29b.jpg




綺麗な水と、若葉青葉の落葉樹の渓畔林、そこに住まう珠玉の住人達を
愛でながら、盛期を迎える小溪に分け入っていきましょう。


   <了>

スポンサーサイト
釣行など | 2016/05/31(火) 20:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する