カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
因縁の渓
今回は、クラさん、宮ちゃんと三人で、
昨シーズン、沢屋さんに先を譲った、因縁の小溪に出掛けてきました。

28-5-29a.jpg


沢屋さんのハイシーズンはもう少し先。
で、鬼の居ぬ間の洗濯です。

執こい様ですが-------、
川は皆のモノと言われれば、その通り。
錦の御旗を掲げられれば否応なく、先行を阻止することはできません。
でも、そこで先行を譲れば、その日、釣り人にとっての川はお終い。
不公平この上なく、決して皆のものなんかじゃありません。

そこんとこ、わかってんだろうなぁ。
分かってると思うよ、でも要は自分達が先に行けさえすれば、後はどうでも
いいんだよね、沢屋さん。
(今度、そんなことがあったら、後ろで印を結ぶことにします。)


さて、グチは此の位にして、
釣行の様子をを記しましょう。

クラさんはチョウチン、ブドウ虫の鉄板装備。宮ちゃんはテンカラ、自分はフライと
三人三様。
お互いに適したポイントを譲り合いながら、小渓流をテンポよく釣上がります。

宮ちゃんのテンカラは初めて観ました。
なんか、ちょっと見ない間に腕を上げたようです。
自分なりのコツを掴み、これからどんどん上手くなっていく、その第一関門をくぐった
ところにいるなぁ、とちょっと生意気そうに感想を述べて見ました。
(釣っていて面白ろくてたまらない、その盛りに差し掛かってるんだろうなぁ。)


続きを読む
スポンサーサイト
釣行など | 2016/05/31(火) 20:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ご贔屓渓
恒例の山菜採りを前に、今年の異常に進行の早い季節変遷を
思って、様子見に出かけて来ました。

もちろんクラさんとの同行です。
植物によって生育にバラつきがあるようで、今時期目安にしている
タニウツギの開花などは、先走って咲いているものもあるけれど
全体的にはまだ、のようでした。

ウドなどは道端に例年通り出てはいましたが、雪が少なかったせいか
発芽数が少なく感じました。

そして、本命のコシアブラですが、やはりというか、例年より生育が進んで
いて、採取にはちと遅かった、の感じでした。
(自分等で食す分くらいの量しか確保できなかったです。)

28-5-22omote.jpg
山頭火の句に、「うしろすがたのしぐれていくか」というのがありますが、この後姿には哀愁が漂いでてますね(笑




続きを読む
釣行など | 2016/05/23(月) 22:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
チョークストリーム(続き)
先週の土曜に行ったチョークストリームについて続きを少し。

ちょっと特殊な地形かなと思う。
雑木自然林の畦畔は残るべくして残ったようにも思う。
普通の渓のように、川辺から植林できるスペースが続いていないのだ。
渓畔林からすぐに崖が立ち上がるような
地形で、いかにも植林には不適なのだ。

川床にへばりつく石が黒いのは、たぶん○岩からの影響か。
と、あの日は川虫の羽化も盛んでした。
剥がしてみなかったですが、大きな水位の変化もなく
大水は出ても流れがフラットなので、石がゴロゴロ動くことは
ない。川虫の幼虫も流される心配がない。
おまけにあの畦畔林、陸生昆虫も豊富に違いなく、
結果、あの見事なプロポーションのヤマメを育む。

実は今回詰めきらなかったのですが、上流部に二又が
あり、流量の多い左からの支流が気になりました。

地図上ではこちらの流れの方が水線が長く、
ひょっとして岩魚が増える可能性もあるか、と思える。

チョークストリーム

機会を待って、再度上流部を重点的に
探ってみたいと思うが、ちょっと躊躇する要因
もなくはなく、気分的には複雑なんですね、これが。


釣行など | 2016/05/18(水) 23:34 | Trackback:(0) | Comments:(0)
チョークストリーム
サンデーフライマン(かつて大御所の代名詞)のはずでしたが、
今週は従姉の葬儀が日曜日にあり、土曜釣行になりました。

いまや毎日が日曜日のMKさんを誘って、近場かつ短時間の釣りを
目論み、実行してきました。
近場ですが、そこは初めての川、地図で見る限りはヤマメの棲息域
うまく混成していれば、岩魚も出るかな的感じを抱いて向かいました。

水源はしっかりしていそうなので、少しは期待していったのですが---。

28-5-14チョーク

入渓はいたって簡単。橋のたもとにちょうど良い駐車ポイントがあり、
そこで諸々用意して、チャッチャッと入渓できる。
ゆっくり出かけたので、先行車を予想していたのだが、心配無用でした。
続きを読む
釣行など | 2016/05/15(日) 19:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)
芽吹きの渓へⅡ
5月3日(火曜)は恒例、クラさんとのGW釣行でした。毎年続いて10年近くになり
ますか。その半数近くを通う渓があるのですが、このところその車止めにいたる林道の
荒れ具合が酷く、今季も去年につづいて敬遠しました。
ホームリバーは渇水で、すでに連休前半に人も入っているであろう、と見送り、では
何処にしようと考えた末が、本日の渓に。

28-5-3tani2.jpg

28-5-3tani.jpg

今季はあちこちの渓で、すでに雪代の終わりを耳にするので、この渓も
たぶん遅いくらいかな、と考えたのですが、入渓がさほど簡単でなく、奥も
深いので、連休中でもそれほど場荒れしないだろう、と選択したのです。

4時半に現着したのですが、すでに先行車が止めてありました。
先行された可能性もありますが、まぁ入渓してその感触が確かなら
他に移動することにして、取り敢えず行ってみることに。
杣道を行くと、時折頬に蜘蛛の糸が絡みます。
クラさんにそのことを話し、ひょっとしたら先行されてないかも、
などと慰め合いながら渓へ向かいました。
続きを読む
釣行など | 2016/05/04(水) 17:58 | Trackback:(0) | Comments:(2)
欲しかった買い物
連休初日の30日にWILD1へ出かけ、ひと月ほど前に頼んでおいた
ザックを受け取りに行ってきた。

欲しかったけれど、なくても困らないもの、言わば贅沢品。
けれど使ってみたい、背負って渓を釣り上がって見たいという欲求
は強くなる一方。

商品の説明や製造動機などを読んでも、共感できるし、ちょっとしたこだわり
なんかも所持欲をそそる。

価格は結構高め。M社、D社、P社など大手メーカーのプロパー品とは
異なる開発コンセプトなどにも惹かれ、買ってしまいました。

rush2883g83b83v2.jpg

さっそく、常備携行品をニューザックに移し替えて背負ってみましたが、
楽です!

実戦での使い心地は、近日中に報告します。

興味あれば
http://www.paagoworks.com/index2.html
をご覧ください。    
日常 | 2016/05/01(日) 11:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)