カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
狐に抓まれる
お盆休み突入後何処にも行けずで、丸々二週間ぶりの渓流に出かけてきました。
お相手はいつも通りクラさんです。
今シーズン後半のほとんどを費やしている里山源流探釣の総仕上げの予定でした。

が、GPSの不調か、はたまたルートの更新がなっていなかったからか、目的の流れに立つことができなかった。
たぶん、あと数百メートルの距離で立てたはずなのだが、それらしい景色に巡り合わなかったことが、まるで狐に抓まれたようでした。

フシグロセンノウ

“節黒仙翁”、と書き少し意味深な名前ですが、日蔭を好んで咲くようで、かえってその橙色が良く目立ちます。
続きを読む
スポンサーサイト
釣行など | 2014/08/25(月) 22:50 | Trackback:(0) | Comments:(2)
夏休みの過ごし方
13日から始まった夏休みも明日で終わりだ。
はっきりしない天気が続き、今日はまた雨空になっている。明日も崩れるようだ。

お盆は動かないことにしている。(動けないというほうがあたっているのかも。)
何年か前には溪泊にも出掛けていたのですがーーーー。

山関連三部作

ハリウッド版“ゴジラ”を観てきました。ちょっと何が言いたいのかボヤケ気味でしたが、単純に怪獣映画として
面白かったです。さすがにアメリカ人が創るとヒューマンドラマに仕上がるんですね。

あとは、最近嵌っているヤマケイ文庫とフライフィッシング関連のエッセイ集をよみ込んでます。
明日にはすべて読み終えます。

この中では沢屋さんのスペシャリスト、高桑さんの書いた「山の仕事、山の暮らし」が面白いです。
今はもうほとんど存在しない山での生業と携わる人々との交流記録、たぶん最後となる人々の淡々とした
姿が、とても印象に残ります。


さて、冷えたビールと枝豆を傍に置いて、残りを読むとしましょう。

        <了>
本読み | 2014/08/16(土) 14:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
サングラス
釣行時、自分は余りサングラスをかけない。
老眼が進んで、光量の少ない流れの上の毛バリを見るのが辛くなってきているせいだ。
老眼にはこの光量が大きく作用するようで、朝の暗がりではハリのアイにティペットを通すのに
老眼鏡をかけていても悪戦苦闘する。かと思えば、昼日中のたっぷり光量の下では裸眼でも少し遠目に
ハリのアイに通すこともできたりする。

で、余程頭上が開けた日の燦々と照らす渓なら別だが、普段出掛けている畦畔林がしっかり覆いかぶさる
渓ではほとんどグラスの出番がない。

とは言え、目の保護(毛バリの脅威もある)を考えれば、掛けるにこしたことはないのだろう。

タレックス

このサングラス、実は去年のオフにかみさんが誕生日プレゼントとして買ってくれていたのだ。
タレックスの代理店(家の近所では前橋に一軒)で購入した。
当初は暗がりでも見えるという“イースグリーン”のレンズを目論んでいたのだが、店主の奨めもあり
店の脇を流れる川で実際に流下物を見たりしながら選んだのが“アクションコパー”。
これは明るさが若干犠牲になるものの、流下水面では毛バリのコントラストが際立つというもので、確かに
よく見える。
それと、もう一つ老眼対策を講じてもらった。写真矢印のところに+2.0の老眼レンズが加工されているのだ。
普通の遠近レンズはレンズ下部が近くを見るレンズになっているが、これでは歩くときに足元が見難くて危ないと
言う。特に渓流のような場所を装着したまま歩くには不適だということで、上のようなレンズのサングラスに
仕上がった。

前回の結構暗い感じの渓でかけてみたが、意外に毛バリが良く認識できた。
慣れの問題かな、という気持ちになり使わないでしまっておくのは勿体無いので
常備携行目録に追加となった。

あとは、このサングラスと相性が良いと思われる#10サイズのカディスパターンを少し
巻き貯めて残り少なくなったシーズン後半の釣行に備えよう。


       <了>
アウトドア | 2014/08/14(木) 12:30 | Trackback:(0) | Comments:(1)
昔からの里山源流
このところの熱帯夜はとても辛い。
エアコンをかけて寝ているが、これも度を越すと目覚めた時に体がだるくなっている。

一昨日はそんなだるい体ながらクラさんと一路ochiさんと待ち合わせの里山源流へ向かった。
朝方とは言え道路脇の電光温度計は19℃を告示。やはり、山は涼しいのだ。
車のエアコンを止め、窓を全開にすると涼しい空気がどっと流れ込んでくる。
体がしゃきん、とする。

待ち合わせの場所に到着するとochiさんはすでに起きていて、用意万端のようだ。
今日の大まかな行動予定を告げて、2台で出発する。

現着後、3人なので本流から入渓することになった。

奥への細道

此の細道を行くのが最近のパターンになっています。


続きを読む
釣行など | 2014/08/04(月) 23:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)