カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
2014年雑感・その参
先週の26、27日(土、日曜)を利用して、富山県高岡市に学生時代の友人を訪ねた。
一昨年、多発性骨髄腫(血液の悪性腫瘍つまり癌)という面妖な病を得て、半年もの入院生活を
送ったことを知らされていたからだ。

なんでもこの病では、骨や筋肉が影響を受け、特に骨組織はめっぽう脆くなってハードな運動は全て
ご法度なのだとか。普通に歩く程度ならOKだが、趣味のゴルフなどはこの先永久NGを出された、
と苦笑していた。
最初、坐骨神経痛と診断され、本人もそのつもりで通院加療していたそうだが、余りに直らないので
再度他の病院で診てもらい、血液検査を受けたら、ただちにその場で告知書なるものを書かれ、相当
なショックを受けたらしい。
それは、そうだと思う。いざ、治療に入ると、最初の2~3ヶ月で立っての歩行が困難になり、さすがに
死を覚悟したという。
小康状態の今も、その気持ちは持ち続けていて、いつでも覚悟はできているよ、と夜の宴席で語って
はいました。
3割負担でも一本25万もする注射を10週~12週打ち続け、抗がん剤の薬も新薬で目の玉が
飛び出るほど高く、併用の放射線治療では毛が全て抜け落ちて、と相当な辛酸を嘗めてきたと言って
いたが、いたって明るく語ってくれた。
ただ、他の癌と比して、施療後の5年生存率がかなり低いのがこの病気の現状のようだ。
現代医学は日進月歩の発展を遂げて、今も進行中だということだが、果たして間に合うのかどうか。


とにかく、なんにも手助けのできない自分としては、からっと闘病記を語る友人の言葉に相槌を
打ちつつ、心の中で、なんでもいい、これから先どんなに苦しい思いに再び見舞われても、しぶとく
跳ね返して元気を取り戻し、長く意気軒昂でいてくれよ、と願わずにいられませんでした。



翻って自分はといえば、高血圧症の薬の世話にはなっているが、それ以外はいたって健康で、快眠
快食の毎日である。
100%は無理でも、8~9割方の健康体でシーズンを通しての釣行に出かけられることの有難味を
再認識することになりました。
友人には申し訳ないと思いつつも、健康に感謝して、また来るシーズンに備えることにしよう。

ーーーーーつづく


スポンサーサイト
色々 | 2013/10/30(水) 21:32 | Trackback:(1) | Comments:(0)
2014雑感・弐
今シーズンを振り返ってその二、と言うか今シーズンに限らず、岩魚釣りを振り返って見てもいいのかな。

いつの頃から岩魚に執着しだしたのか?
やはり源流志向になった10年ほど前からかな。飲める水が流れる所で釣りがしたいと痛切に願うように
なって、対象魚が岩魚に偏って行った気がする。
時に、(山女と比して)バカだ、鈍だと揶揄される岩魚だが、どっこいそんな単純愚鈍な魚ではない。
居るはずの流れで全く気配を消してしまったり、信じられない程の反応を見せたりして、釣り人を翻弄す
るのは、岩魚に多いことのような気がする。

                   25-10-22b.jpg


人知れず、水線の消えた小沢や、伏流して水のなくなった流れの、最上流部の流れの復活した場所に
居たりもする。
忍者のような魚ですが、裏をかえせば、両生類のような逞しさをもった生命力のある生き物ともいえる。

そんな彼らの楽園とも思える密やかな細流を、蹂躙し尽くして、したり顔で喜んでいる人間が居るというのだから
あきれ果ててしまう。おそらく精神的にどこか欠落しているのだが、自分では気づかない所謂KY人間なん
だろうな。どこかで痛い目にあうよ、きっと。


                   25-10-22a.jpg

一応穏やかな口調で書いてはいるが、腹の中では烈火のごとく呪ってますからね!


場荒れした感じの釣り場が気になった年でもありました。
まったく、影響のない釣り場ももちろん多いのですが、割とお気に入りで、ここ数年通っていた小河川のいくつかで荒れた感じの場所がいくつかありました。

来シーズンは、ぜひ2~3箇所よい穴場を見つけるように頑張りたいですね。


ーーーー つづく

色々 | 2013/10/22(火) 21:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014年雑感・壱
毎年の繰り返し、また早い一年が過ぎようとしている。
解禁から禁漁までも、またあっという間に過ぎていく。しかも年を重ねるごとに早まって-----。


            bikei


今シーズンは後半になって、自然の猛威を見せつけられた。それも半端無いほどに凄まじいものだった。
シーズンを通しては、渇水の河川が多かったように思う。
結果、いい釣りをしたなぁ、と思える日が少なかった。年々少なくなっているようにも思うがどうだろう?

年々歳々変わらない感情もあるが、微細なところでは歳を経るごとに変わっていく想いもあって、シーズン始めよりシーズン途中で、突如それが浮かび上がってきて戸惑ったりすることも。

しばらく、そんな自分の内なる変化に気を留めながら、今年の釣りを含めて書きとめてみようと思う。


             bikei-iwana



   <つづく>
色々 | 2013/10/12(土) 14:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)