カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
芳ケ平湿原
6月14日(木曜日)晴れ。

梅雨の晴れ間をついて、中之条町から草津町にかけての
ラムサール条約批准地の芳ケ平湿原へ出かけて
きました。
コースタイムは5.5~6時間のようだ。
今回出発の地に選んだのは、中之条側にあるチャツボミゴケ公園地内の駐車場。

本当はもっと早くに出発したかったのだが、公園の開園が午前9時、閉園が午後4時半
とのことだったので、仕方ない。
余程のアクシデントに見舞われない限り、行って戻ってこられるだろう。

この受付のある駐車場に一般車両は駐車して、公園園地入り口までは巡回バス(一利用
往復100円)利用で行くか、登山道を歩くことになる。
自分はもちろんバス利用、初めと終わりは気持ち的に楽をしたいから。

さて、チャツボミゴケ公園までは老若男女、軽装でやってくる。が、バスを降りて園地内までの500~600m
はそこそこ傾斜もあり、道も舗装などで整備されてはいないのでとても歩きずらい。

でも、登山靴で足元を固めていれば、さほどの事はない。
ザックを背負って歩いているのは自分しかいなった。

チャツボミゴケが見えてきて、周遊の木道に足を掛けると間もなく、水池方面の
道標が見えてくる。
迷わず右折して登りはじめる。結構胸突きな細道が続くと、少し平らになり水池入り口に
着く。
残念だが、水池は単なるため池のようで、被写体にはならない。水も泥濁りだ。

そこから道なりに10分ほど歩くと、神秘的な光景が広がる。
大池だ。

30-6-14.jpg

30-6-14b.jpg


続きを読む
スポンサーサイト
アウトドア | 2018/06/16(土) 14:47 | Trackback:(0) | Comments:(0)
八間山
6月2日(土曜日)晴れ。

日曜日の釣りが私用で行けないため、前日の休みを利用して行きたかった野反湖畔の
八間山に登って来た。

朝6時に富士見峠駐車場に到着。すでに1台停まっていて、もう出かけてしまった模様だ。
すぐに後続の車2台、こちらはいつものことで朝食中。
1台はすぐ脇に駐車し、ご夫婦が降りてきて挨拶をかわす。
すでに朝食はお済みのようで、そそくさと登山靴など履き準備万端、すぐに発っていかれた。
自分の向かう八間山は通過点で、奥の白砂山まで行かれるとのこと、こちらから登られる
と言うことは、それなりに健脚にご自信ありか。

30-6-330-6-2ahachiken.jpg

食後にサーモのお湯でインスタントカフェラテを溶かし、
それでは支度しょうっと。






続きを読む
アウトドア | 2018/06/04(月) 17:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
駆け足の秋!
今年の秋はちょっとオカシイ。
秋の長雨というけれど、長すぎ、しかも台風も二週連続でやってくるし。
お蔭で、楽しみにしていた紅葉狩りを兼ねての登山とかの予定が潰れていく。

そして、なんと例年よりはるかに早く初冠雪など。

などなど、ぶつくさ独り言吐きながらも、
今日は台風がやってくるのを静かに待ちながら、それでもタイミング良く
遭遇できた、秋景色を整理しながら、
上州三山のこれからの紅葉に期待しつつ過ごします。

新緑の芽吹きも大好きですが、
なんと言っても、秋の色彩の豊かさには圧倒されます。

29-10-24a.jpg

29-10-14P1740233.jpg


29-10-24b.jpg

29-10-14P1740254.jpg

29-10-14P1740247.jpg

29-10-24c.jpg

29-10-26a.jpg

29-10-14P1710058.jpg

錦秋は青空に映える。
ですが、織りなす色模様そのものだけで充分美しいと感じます。


      <了>

アウトドア | 2017/10/28(土) 10:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)
尾瀬 至仏山 登山
10月10日(火曜日)。

この日は本来、晴れの特異日であり高崎を出発する時は
晴れていました。

しかし、予報では片品村は曇り。
今日から、車両規制もとれて、鳩待峠まで自家用車で上がれる
のですが、7時ちょっと過ぎに着いて見ると、150台から停められる
駐車場がすでに満杯。
駐車場の係の人の好意で、なんとか場所を確保できた。

29-10-14P1090050.jpg

駐車場からはまだ青空が見える。

29-10-14P1090056.jpg

夏に行った平標山に比べれば、かなり楽な登り道中、焦らず息を整えながら、
出来るだけゆっくりと歩を進める。

29-10-14P1090058.jpg

最初の展望が開けた場所から尾瀬ヶ原を望む。

29-10-14P1090066.jpg

オヤマ沢田代。
いまは草紅葉が見事。

29-10-14P1090070.jpg

まだ、晴れ間がのぞきます。

29-10-14P1090071.jpg

これは、小至仏山。
ここを登って降りて、まだ山頂ははるか先です。

29-10-14P1090073.jpg

小至仏山から、尾瀬ヶ原を展望。
池塘が固まって光っている。

29-10-14P1090079.jpg

稜線の反対側には、来年探索予定の楢俣湖がダムとともに良く見える。
目指す支流の幾つかは、至仏山の山懐から流れ出ているのだろうか。

29-10-14P1090080.jpg

29-10-14P1090081.jpg

やっと、頂上が望めた。
が、いつものこと頂上が見えてからが長い。

DSC_2289.jpg

10時20分過ぎやっと、到着。
山の鼻側から登ってくる登山者も居て、結構な賑わい。

まだ、余り空腹感もなかったので、行動食とお湯で解いたコーンスープ
コンビニおにぎりを一つ食べ、30分ほどまったりして、帰途に着いた。


      <了>
アウトドア | 2017/10/14(土) 17:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
平標山登山
7月8日(土曜日)現地快晴。

正に、梅雨の合間のどピ-カンでした。
姪っ子の旦那、自分と二回り以上年の離れた若い衆(ヒロくん)と上越国境
の平標山に登って来ました。
以前、付近の川に釣りに来る度、駐車場が満杯になっているのを
見ていて、そんなに人気の山なのかな、と思っていました。

登って見てわかりました。
気持ちの良い、絶景が広がります。
秋口の澄んだ空気のもとなら、もっとすごいパノラマが広がることでしょう。

29-7-8tahira1.jpg

写真は所謂森林限界を抜けて、尾根歩きに入るところですが、
ここまでの登山口からの、いきなりの急勾配だらだら木階段登りが、とても
きつく、脚と気持ちに堪えます。




続きを読む
アウトドア | 2017/07/09(日) 14:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ