カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
平標山登山
7月8日(土曜日)現地快晴。

正に、梅雨の合間のどピ-カンでした。
姪っ子の旦那、自分と二回り以上年の離れた若い衆(ヒロくん)と上越国境
の平標山に登って来ました。
以前、付近の川に釣りに来る度、駐車場が満杯になっているのを
見ていて、そんなに人気の山なのかな、と思っていました。

登って見てわかりました。
気持ちの良い、絶景が広がります。
秋口の澄んだ空気のもとなら、もっとすごいパノラマが広がることでしょう。

29-7-8tahira1.jpg

写真は所謂森林限界を抜けて、尾根歩きに入るところですが、
ここまでの登山口からの、いきなりの急勾配だらだら木階段登りが、とても
きつく、脚と気持ちに堪えます。




続きを読む
スポンサーサイト
アウトドア | 2017/07/09(日) 14:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ドライブ!
解禁には、クラさんと出かけられた。
けれど、つい先日、母親が90歳の人生を終え、まぁ喪中ということで、
好きな釣りと、お山登りはしばらくお預け状態なのです。

でも、この連休のお天気と、近くの低いお山の黄緑色の萌えるの見ると
うずうずが止まりません。

かみさんを焚きつけて、軽くドライブに出かけてきました。

行く先はほぼ決めてあって、車通り人通りのない、しかも景色の良い所
と当て込んで、昔の信州街道を少し走ってきました。

ツツジと奇妙な空

街道の道すがら、様々な色のツツジが満開の花をつけていました。

R406から万騎峠へ入り込みます。
やはり、正解。
峠まで一台の車にも会いませんでした。

落葉松の芽吹き

落葉松の芽吹きが清々しかったです。
道幅は狭いのですが、一応舗装がされていて、不安な個所はありませんでした。
(近々には山岳ラリーの競技があって、その時は通行止めになるようです。)

由緒

29-5-04i2.jpg


峠にある謂れ書きにある、ブナの古木(脇には次世代の巨木もありました。)、芽吹きはまだでしたが、
古人のランドマークになったのだろうなぁ。
葉が繁れば、心地よい日蔭を提供してくれたんだろうな。

降ると、
浅間が青く見え、残雪が映えて綺麗。

29-5-04d2.jpg

R146に出て、北軽井沢から高崎に向かい、
途中、熊川に掛かる、浅間大滝を久し振りに観て(川の水が少し汚れている気がしたのが
残念。)帰途に着きました。

29-5-04g2.jpg


あと、ひと月程大人しくしたら、
出かけようと思います。



    <了>
アウトドア | 2017/05/06(土) 16:00 | Trackback:(0) | Comments:(2)
西上州、稲含山
3月20日(日曜日)晴れ、

そろそろ、渓へ気持ちが動いているのですが、今年は山へも
行きたいと、とりあえず足慣らしに、近場のお山へ出かけて参りました。

甘楽町の奥に小幡という城下町があり、更に奥に秋畑という山深い集落
があり、そこから九十九折りの細道を登りつめた、茂垣峠から登ります。

ina2.jpg

雪がなければ一時間足らずで山頂に立てるようですが。

続きを読む
アウトドア | 2017/03/19(日) 20:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
西上州の名峰?へ
西御荷鉾山へ。

先週の土曜日、30分ほど予定より寝坊してしまい、
一瞬迷ったのですが、空は晴れそうなので、思い切って出かけてきました。

もう少し早くアップしようとしたのですが、win10使用ユーザー特有の症状とかに
ハマり、インターネットに接続できなかったので、今日になってしまいました。

28-12-10mika2.jpg

登山口に到着する前に日の出になりかけます。



続きを読む
アウトドア | 2016/12/13(火) 19:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)
四阿山
10月22日土曜日 晴れのち曇り。

先週に引き続き、登山。
今回は西に飛んで、長野県と県境を接する、四阿山(吾妻山)に行ってきました。
こちらも幾つかある登山コースの中で、一番ポピュラーで歩く距離も短い、
鳥居峠からのコースを辿りました。
林道終点の駐車場には朝の5時半に到着。先着は2台。
登山出発までにさらに3台ほどが到着。

周囲の先着者と挨拶を交わしながら準備を整え、6時に登山開始。
まだ浅暗く、色ずいた落葉松林の中の道を歩き始めました。

28-10-22azu1.jpg

落葉松樹林帯を過ぎると、白樺樹林帯。
見上げれば、まだ月がくっきり見えていました。

28-10-22azu2.jpg

先週の武尊とは打って変わって、歩き易い登山道、ふかふかでとても気持ちが良いのです。
朝日が浅間山に射しています。

28-10-22azu3.jpg

少し登って、見上げれば、澄んだ空が高い高い。

28-10-22azu5.jpg

だいぶ、登ってきました。

28-10-22azu6.jpg

もう少し登って、尾根筋からの眺め。

28-10-22azu8.jpg

中央に山頂が見えていますが、まだまだです。

28-10-22azu10.jpg

お隣の山、根子岳を下に見て、

28-10-22azu11.jpg

山頂到着。
ここでまだ9時10分。コーヒーを淹れて、アンパンをかじり、30分ばかり休息。

後発の人、2人に追い抜かれましたが、なんとかたどり着きました。
総じて、登りやすい山。道がとても良く整備されています、途中の眺めも素晴らしい。

28-10-22azu13.jpg

下山開始後、かなり下って、登りとは違うルートとの分岐を辿ってすぐに見つけました。
咲き残っていた、マツムシ草。

28-10-22azu17.jpg

下界の方が、紅葉の多様性があり、綺麗ですね。

28-10-22azu18.jpg

そして、この山の史跡、「的岩」。
心無いクライマーが残置ハーケンをしたことで、一時騒がれましたね。
登りたくなるのは解りますが、やりっぱなしは駄目でしょう。




『後記』

先週の武尊山が、自分の中で上級とすれば、今回の四阿山は初級のコースでした。
でも、登山途中の眺望は負けず劣らずでしたね。
雲海も見られたし、頂上からは富士山の山影も確認できました。

次回は反対側、バラキ湖側から、野地平の湿原をたどりながらのコースを登って
見たいと思いました。
花も多いと言うことなので、その季節、釣りを一回お休みにして。


   <了>
アウトドア | 2016/10/23(日) 08:16 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次へ