カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
インターステラー
日曜の午後、ちょっと評判?の『インターステラー』観てきました。

インターステラー

三時間弱の長丁場の映画でしたが、時間はかなり早目に過ぎました。
集中して観ていられたのだと思います。アメリカ映画お得意のヒューマンドラマももちろん同時進行します。
頭の中で想像していた相対性理論の世界、時間のねじれ現象なども結構具体的に表現されていました。

一つ、とっかかりの地球の寿命についての説明がいまひとつはっきりしなかったのが気にはなります。
が、ストーリー展開のテンポが心地よく、さもありなんの終幕を迎えるまであきることがありませんでした。


         <了>
スポンサーサイト
映画鑑賞 | 2014/12/10(水) 22:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)
風立ちぬ
夏休みの一日、ジブリの映画を観て来ました。

『風立ちぬ』

200.jpg

相変わらずの宮崎ワールド。またしても共感させられ、懐かしい想いに満たされてしまいました。

200px-Jiro_Horikoshi.jpg

劇中、実在人物として描かれていた、堀越二郎氏。
群馬県藤岡の出身で、かの零式艦上戦闘機の主任設計技師です。


そして、今日用事のついでに、近所の藤岡歴史観で、『堀越二郎の軌跡展』を見てきました。
かつて、こんなにも近くの隣町に生を受け、めざましい活躍をされた人物がいたのだと知らされ、
とてもうれしい。


設計のための覚書や計算ノート、趣味のゴルフ手帳にいたるまで、細やかな書き込みと整理された
筆跡から、その人となりを思い起こされます。
今回、GHQの手から逃れさせようと藤岡の生家に疎開させていて、最近発見された資料というもの
が展示されていました。
終戦直前に設計され、未完で終わった海軍戦闘機『烈風』に関するものです。
美しい設計図を閲覧できました。


奇跡とまで言われた日本の経済発展も突然成った訳ではない。
戦争中、きつく厳しい環境下にあって、彼のようなエンジニア達が弛まぬ研鑽を積みかさねて努力し
てきた流れが下支えていたということ。
終戦で一時断たれたと思われるが伏流して、やがて地表近くに出現し、満開の時を迎えようとしている花々
に寄与することになったのですネ。

  <了>
映画鑑賞 | 2013/08/18(日) 14:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)
のぼうの城
11月4日(日曜日)

夕方からかみさんを伴って映画鑑賞。

『のぼうの城』を観て来ました。
面白い時代劇だと思う。

坂東武者

三年ほど前に出た原作を読んでいて、すでに映画化されると聞いていた。

けれど、ちょうど公開の年に大震災があり、映画の中の水攻めのシーンを
慮って公開が今年に伸びていたとのこと。

作中の人物キャラが際立っていること、史実に基づいたストーリー展開が
面白いこと、おまけに舞台なった場所が、自分の高校時代に縁ある所から
余計に気持ちが入りました。

天下統一が成る少し前、戦国時代末期の東国片田舎、そのちっぽけな城を
めぐっての攻防戦。

日本の時代劇も、やはり捨てたものではありません。
映画鑑賞 | 2012/11/05(月) 19:22 | Trackback:(0) | Comments:(0)