カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

oldflyman1001

Author:oldflyman1001
太平楽な日々を、これからは過ごして行きたい、と切に願う釣り好きな我儘親爺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon商品一覧
ちょっといいかも!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
駆け足の秋!
今年の秋はちょっとオカシイ。
秋の長雨というけれど、長すぎ、しかも台風も二週連続でやってくるし。
お蔭で、楽しみにしていた紅葉狩りを兼ねての登山とかの予定が潰れていく。

そして、なんと例年よりはるかに早く初冠雪など。

などなど、ぶつくさ独り言吐きながらも、
今日は台風がやってくるのを静かに待ちながら、それでもタイミング良く
遭遇できた、秋景色を整理しながら、
上州三山のこれからの紅葉に期待しつつ過ごします。

新緑の芽吹きも大好きですが、
なんと言っても、秋の色彩の豊かさには圧倒されます。

29-10-24a.jpg

29-10-14P1740233.jpg


29-10-24b.jpg

29-10-14P1740254.jpg

29-10-14P1740247.jpg

29-10-24c.jpg

29-10-26a.jpg

29-10-14P1710058.jpg

錦秋は青空に映える。
ですが、織りなす色模様そのものだけで充分美しいと感じます。


      <了>

スポンサーサイト
アウトドア | 2017/10/28(土) 10:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)
鑑賞(観賞)の季節
このところの雨模様には困ってしまう。
この時期にこの長雨は相応しくないと、仕事の合間にぶつくさ愚痴ってばかり。

紅葉の盛りに山にも行けない。

で、そうなるとまたぞろ、アニメ鑑賞とかに気持ちが動く。

168582_03.jpg

169395_02.jpg

今頃になりましたが、去年から今年にかけて話題になった上記2作品を見比べてみました。

結論からいうと、
「この世界の片隅に」が圧倒的に自分の心に響きました。

理由をくどくど書くことはしません。
ただ、何を訴えたいかがストレートに伝わりました。

新海監督の瑞々しい感性があふれた作品は初期の短編の方に
軍配を(個人的にはですが)上げたいと思います。

更に、
これから、期待をしているのが

320.jpg

続編の制作ニュースはかなり以前から聞いていて、
ほんとにほんとに楽しみにしていました。

この映画の世界観にはとても同調してしまうというか、
混然混沌、ダークな色調の未来の様相に引き込まれて
ありそうだなぁ、これ、となってしまう。

ここからは、余り事前情報を収集しないで、
映画館に足を運ぼうと思う。

      <了>
映画鑑賞 | 2017/10/21(土) 12:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)
尾瀬 至仏山 登山
10月10日(火曜日)。

この日は本来、晴れの特異日であり高崎を出発する時は
晴れていました。

しかし、予報では片品村は曇り。
今日から、車両規制もとれて、鳩待峠まで自家用車で上がれる
のですが、7時ちょっと過ぎに着いて見ると、150台から停められる
駐車場がすでに満杯。
駐車場の係の人の好意で、なんとか場所を確保できた。

29-10-14P1090050.jpg

駐車場からはまだ青空が見える。

29-10-14P1090056.jpg

夏に行った平標山に比べれば、かなり楽な登り道中、焦らず息を整えながら、
出来るだけゆっくりと歩を進める。

29-10-14P1090058.jpg

最初の展望が開けた場所から尾瀬ヶ原を望む。

29-10-14P1090066.jpg

オヤマ沢田代。
いまは草紅葉が見事。

29-10-14P1090070.jpg

まだ、晴れ間がのぞきます。

29-10-14P1090071.jpg

これは、小至仏山。
ここを登って降りて、まだ山頂ははるか先です。

29-10-14P1090073.jpg

小至仏山から、尾瀬ヶ原を展望。
池塘が固まって光っている。

29-10-14P1090079.jpg

稜線の反対側には、来年探索予定の楢俣湖がダムとともに良く見える。
目指す支流の幾つかは、至仏山の山懐から流れ出ているのだろうか。

29-10-14P1090080.jpg

29-10-14P1090081.jpg

やっと、頂上が望めた。
が、いつものこと頂上が見えてからが長い。

DSC_2289.jpg

10時20分過ぎやっと、到着。
山の鼻側から登ってくる登山者も居て、結構な賑わい。

まだ、余り空腹感もなかったので、行動食とお湯で解いたコーンスープ
コンビニおにぎりを一つ食べ、30分ほどまったりして、帰途に着いた。


      <了>
アウトドア | 2017/10/14(土) 17:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。